認知症ケア学会

認知症ケア学会とは

認知症に対して社会的な働きを見せている団体は数多くありますが、その中でも有名な団体として一般社団法人 日本認知症ケア学会があります。

 

認知症というのが多くの人にとって身近なもの、そして必要以上に不安になってしまったりする必要がないように、ケアの仕方や認知症への理解を広めていくことが目的になっている団体と言えるでしょう。

 

認知症に対する学術的な研究を活性化、ケアの質の向上、そして認知症への理解の促進など、多方面において社会と認知症とのつながりを作ることで、目的へ近づいている団体となります。

 

認知症になってしまった人だけではなく、それに関わる家族や、介護をする人がよりよく生活をすることができるようにする、ということも日本認知症ケア学会では大切にしています。

 

認知症ケア学会の大会なども各地方、定期的に行なわれており、認知症に興味のある人はもちろん、一般の人に対しても認知症の情報を取り入れてもらえるような活動を活発にしています。

 

また特徴のひとつとして認知症ケア専門士という資格の認定試験を行なっている点も見逃せません。

 

認知症に対して、勉強をしたい、興味を持っていきたいと思う人にとって、きっかけになる団体でもあります。ホームページでは年間予定表なども確認できるので、興味のある人は調べてみることをおすすめします。

 

各地方、都心部で積極的に行なっている研修会も魅力的ですが、学会についての冊子や、認知症について事例をまとめていった学術誌なども発行しているので、そこでどんな団体であるのかを知っていくのも良いでしょう。
▼認知症の予防には脳ドックの受診も有効です。
>>「脳ドックの基礎知識

 

▼こちらは参考資料です
>>認知症改善ケアプログラム 〜自宅で認知症を緩和させる初公開のプログラム〜

 

▼こちらは転職情報です
>>介護の現場へ就職するならコチラのページへ

スポンサードリンク